会社設立時の商号は

会社設立しようと思った時は最初に悩むのは、多くの方が商号だと思います。
商号は会社を設立する際に非常に重要なものであり、安易に決めるのはおすすめできません。しかし、どんなものでも良いという訳ではなく、商号は法律によって決められている事柄があります。この点を知っている方と知らない方でも、後に面倒なことになるかどうか決まるので、覚えておく必要があります。
まず、商号の中には、株式会社や合同会社のどちらかの文字を入れないといけません。入れるのは商号の前後どちらでも問題ありませんが、言いやすさや読みやすさを考慮した上で前後を決めるようにした方が良いでしょう。

また、使用することができる文字数にも制限があります。この点もしっかり頭に入れておいた方が良いです。
ほかには、有名企業と同じ名前は避けるようすべき点です。住所さえ異なっていれば、登録をすることは可能となっていますが、その有名企業から不正競争防止法に基づき、訴えられる危険があります。こういったリスクを避けるためには、出来る限り、誰もが知っているような有名企業と同一の商号は避けるのが無難です。
こういった商号に関する法律を知っておけば、よりよい商号を選択することができますので、会社設立の際の参考にしてください。

会社設立での商号の決め方

会社設立をするときには商号を決めなければなりません。商号とは会社の名前のことを指しますが、この商号を決めるためには一定のルールがありますから、どんな名前でも良いというわけではないのです。

まず使うことのできる文字が決まっています。基本的には漢字とひらがな、かたかな、ローマ字、数字に加えてアンパサンドやアポストロフィなどの記号です。
日本地図と高層ビルそして、同じ住所に同じ商号の会社を作ることはできないのです。
過去には同一市町村内に同じ商号の会社を作ることはできませんでしたが、現在ではこのような規制がなくなり、同じ住所でなければ同じ商号を用いる事ができるようになったのです。

また、日本の有名企業などのように、多くの人が既に知っているような商号を使う事もできません
会社法の規制と言うよりは、不正競争防止法に反しているために、有名企業と同じ商号を使う事はできないと考えておくのが良いと思います。
もしも紛らわしい名前を付けて営業をした場合には、例えば差し止め請求を受けてしまうという事もあり得ますし、最悪の場合には損害賠償請求を受けてしまうと言う事もありますから、会社設立をするときには類似の商号には注意しておく必要があるでしょう。