会社設立時に変わったこと

会社設立時には、事業のことだけでなく、税金関係のことも頭に入れておかないといけないため、覚えておかないといけない法律が山ほどあります。しかし、すべてを頭に入れるというのは、非常に難しいことであり、現実的ではありません。
したがって、ポイントとなる法律だけを頭に入れておけばとりあえず大丈夫と考えるようにしておけば良いです。そのポイントになるのが、会社法改正となります。今までとは異なる会社法であり、従来のものから変わっているので、しっかり押さえておく必要があります。

会社設立に関連した法律『会社法』について

会社設立をするときには会社法という法律が関係してきます。会社法は2006年5月1日に新しくなったのですが、その背景には株式会社の問題があったようです。
株式会社という制度は、もともとは大企業を想定して作られていたものだといえるでしょう。規模の小さい企業は有限会社という制度を利用するように作られていたのです。しかしながら、現実的には多くの中小企業が株式会社としてなっていたという現実があります。
このようなことから何度となく法律が改正されて現実に即したものになるように株式会社の制度が変更されてきたのですが、根本的な改正が必要となったために会社法が改正されたといえるでしょう。

資本金この改正による大きな変更というのは資本金の設定でしょう。
過去には株式会社を設立するためには、最低でも1000万円の資本金が必要だったのですが、この条件が廃止されて、1円でも会社設立ができるようになったのです。
そうなると資本金が小さくても設立できる有限会社は無意味なものとなり、撤廃されることになったのです。

会社法が改正されて大きく変わったのは、中小企業挑戦支援法の制定によって確認会社1円会社の制度ができましたが、特例措置でした。
今回の新会社法の施行後は、最低資本金制度は完全に無くなり、5年以内の増資義務もないというものであり、この変わった点は、会社設立時に覚えておいた方が良いでしょう。

ほかには、株式会社を設立する時には、取締役が3名、監査役1名が必要だったのが、取締役1名で株式会社を設立することができるようになりました。しかし、あくまで株式譲渡制限タイプの中小企業に限ります。
これによって、まったく知らない第三者や会社にとって迷惑な人物が役員になることを防ぐことができるようになります。中小企業の会社設立の時には覚えておいた方が良い法律であり、以前と同じだと思っていると、この変わった点のメリットを無駄にしてしまうことに繋がってしまうので、注意が必要です。