会社設立と税金関係の法律

会社設立で重要になってくるポイントの一つに「税金」関連の問題があります。これらの諸手続きはどうしても見落としてしまったり、抜け落ちてしまったりすることが多く、時間的にそれで不利益を受けてしまう可能性があります。
そのような不利益を出来る限り避けるためにも、法人税関係の法律、特に科目勘定、経費算入に関する法律は早めに覚えておく事をお勧めします

小規模法人の場合、消費税が加算されるタイミングも二年間の猶予期間があるなど、状況によっては、節税効果を得られる可能性も十分にございますから、出来る限り早めに法律上の優位性を確認できるようにしておくことをお勧めします。
安定して税金関係について、知識を持っておくようにすれば、不利益となる状況をかなり避けることができますから、ぜひ早めに確認をしておくようにすることをお勧めします。
税金上で不利益とならないようにすることは、会社設立の段階から重要なポイントになります。ただ、その準備はどうしても時間がかかってしまうなど、多少ややこしい部分もありますから、なるべく早めに準備が出来るようにしておくことで、時間的なロスを限りなく減らすことができますから、ぜひ早めに対応を出来るようにしておいてください。

会社設立にあたり申請を賢く簡単に行う為には

株式会社の設立は非常に簡単なものです。資本金が1円からできるので、全て自分で手続きをすれば設立にかかる料金は20万円程度となります。株式会社起こす申請は、公証役場で「定款の認証手続き」、法務局で「登記申請手続き」をするだけです。
自分1人でもできる内容となっています。ただし、自分1人でやると手間がかかりますし会社が作れるだけです。なので、ぜひ専門家に依頼してみましょう。

専門家に手続きを依頼することで、手続きは完璧にこなしてくれますし、どのように設立すれば、その後の負担を軽くすることができるのかといったテクニックを教えてもらえます。
株式会社の設立代行をやっている会計事務所や行政書士事務所はたくさんあります。
安いところでは1万円程度なので、その後のことも含めて相談してみた方が良いでしょう。

法律というのは言われた通りに従っているだけだと損をしてしまうことがあります。会社を起こすということはなるべくたくさんの利益を出すべきであり、無為に損をすることは良くないことです。
専門家に相談することによって合法に節約するテクニックを享受できることになるので、数万円の出費がすぐに取り返せるはずです。

会社設立時の商号は

会社設立しようと思った時は最初に悩むのは、多くの方が商号だと思います。
商号は会社を設立する際に非常に重要なものであり、安易に決めるのはおすすめできません。しかし、どんなものでも良いという訳ではなく、商号は法律によって決められている事柄があります。この点を知っている方と知らない方でも、後に面倒なことになるかどうか決まるので、覚えておく必要があります。
まず、商号の中には、株式会社や合同会社のどちらかの文字を入れないといけません。入れるのは商号の前後どちらでも問題ありませんが、言いやすさや読みやすさを考慮した上で前後を決めるようにした方が良いでしょう。

また、使用することができる文字数にも制限があります。この点もしっかり頭に入れておいた方が良いです。
ほかには、有名企業と同じ名前は避けるようすべき点です。住所さえ異なっていれば、登録をすることは可能となっていますが、その有名企業から不正競争防止法に基づき、訴えられる危険があります。こういったリスクを避けるためには、出来る限り、誰もが知っているような有名企業と同一の商号は避けるのが無難です。
こういった商号に関する法律を知っておけば、よりよい商号を選択することができますので、会社設立の際の参考にしてください。

会社設立での商号の決め方

会社設立をするときには商号を決めなければなりません。商号とは会社の名前のことを指しますが、この商号を決めるためには一定のルールがありますから、どんな名前でも良いというわけではないのです。

まず使うことのできる文字が決まっています。基本的には漢字とひらがな、かたかな、ローマ字、数字に加えてアンパサンドやアポストロフィなどの記号です。
日本地図と高層ビルそして、同じ住所に同じ商号の会社を作ることはできないのです。
過去には同一市町村内に同じ商号の会社を作ることはできませんでしたが、現在ではこのような規制がなくなり、同じ住所でなければ同じ商号を用いる事ができるようになったのです。

また、日本の有名企業などのように、多くの人が既に知っているような商号を使う事もできません
会社法の規制と言うよりは、不正競争防止法に反しているために、有名企業と同じ商号を使う事はできないと考えておくのが良いと思います。
もしも紛らわしい名前を付けて営業をした場合には、例えば差し止め請求を受けてしまうという事もあり得ますし、最悪の場合には損害賠償請求を受けてしまうと言う事もありますから、会社設立をするときには類似の商号には注意しておく必要があるでしょう。

会社設立時に変わったこと

会社設立時には、事業のことだけでなく、税金関係のことも頭に入れておかないといけないため、覚えておかないといけない法律が山ほどあります。しかし、すべてを頭に入れるというのは、非常に難しいことであり、現実的ではありません。
したがって、ポイントとなる法律だけを頭に入れておけばとりあえず大丈夫と考えるようにしておけば良いです。そのポイントになるのが、会社法改正となります。今までとは異なる会社法であり、従来のものから変わっているので、しっかり押さえておく必要があります。

会社設立に関連した法律『会社法』について

会社設立をするときには会社法という法律が関係してきます。会社法は2006年5月1日に新しくなったのですが、その背景には株式会社の問題があったようです。
株式会社という制度は、もともとは大企業を想定して作られていたものだといえるでしょう。規模の小さい企業は有限会社という制度を利用するように作られていたのです。しかしながら、現実的には多くの中小企業が株式会社としてなっていたという現実があります。
このようなことから何度となく法律が改正されて現実に即したものになるように株式会社の制度が変更されてきたのですが、根本的な改正が必要となったために会社法が改正されたといえるでしょう。

資本金この改正による大きな変更というのは資本金の設定でしょう。
過去には株式会社を設立するためには、最低でも1000万円の資本金が必要だったのですが、この条件が廃止されて、1円でも会社設立ができるようになったのです。
そうなると資本金が小さくても設立できる有限会社は無意味なものとなり、撤廃されることになったのです。

会社法が改正されて大きく変わったのは、中小企業挑戦支援法の制定によって確認会社1円会社の制度ができましたが、特例措置でした。
今回の新会社法の施行後は、最低資本金制度は完全に無くなり、5年以内の増資義務もないというものであり、この変わった点は、会社設立時に覚えておいた方が良いでしょう。

ほかには、株式会社を設立する時には、取締役が3名、監査役1名が必要だったのが、取締役1名で株式会社を設立することができるようになりました。しかし、あくまで株式譲渡制限タイプの中小企業に限ります。
これによって、まったく知らない第三者や会社にとって迷惑な人物が役員になることを防ぐことができるようになります。中小企業の会社設立の時には覚えておいた方が良い法律であり、以前と同じだと思っていると、この変わった点のメリットを無駄にしてしまうことに繋がってしまうので、注意が必要です。